タグ: 峰山建設、ミネックス、ヤマサン

完了‼ 奄美地区水産環境整備工事(R3-2工区)

昨年10月より与論町で製作していた漁礁を与論島沖(百合が浜から東へ4km沖)へ

沈設しました。

冬場の海は、天候が安定せず「3月の工期に間に合うか?」 少し心配もしましたが、

起重機船(かの号 310t吊り)が入港して約1週間、難しい海象条件のなか、少しの

天候回復を判断しながら、沈設箇所までトライしたのですが、

    沈設をする時間帯だけ、なぜか海が静かになって・・・

    船員の皆さんと私、「持ってるねぇ~」とお互いに褒めあいながら

    無事に、すべての漁礁を据え付けることが出来ました。

【沈設作業の紹介です】

名瀬港から与論港まで起重機船が回航してきました

     (竹山建設㈱様 起重機船 かの号 310t吊り)

茶花港で漁礁を積み込みます

積込が完了しました

天候回復を期待ながら出港です

沈設箇所まで約40分の船旅

まだ、風と波の状況が気になるところです・・・

到着と共に

 

天候も穏やかに

 

 

 

 

 

1工程約10分

 

 

 

 

 

 

 

1m/秒の速度で

沈めていきます

 

 

 

 

 

 

ワイヤーの緊張が

とけると

無事90m海底に着底

吊り込みワイヤーが

吊り金具から

解ける

 

 

 

吊り込みワイヤーが

静かに海面に浮上

 

 

 

 

 

 

 

沈設箇所の特定に、GNSS(衛星システム)が必須

クレーン先端                                           船舶操作室

 

 

 

                                                   船舶操作室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巧みに船とクレーンを操作し沈設箇所に静かに正確に沈設されました・・・

【付録】

本工事も、無事に完了となり最終のヤード片付けをしている時でした

「お疲れ様。」 どこからか声が聞こえます。

さらに、「漁礁の工事も終わったんだね」と

ありがとう」と声をかけられた時

この仕事にうれしさとあたたかい何かを感じた のでした。

 

この記事を閲覧してくれている方に

建設業の方へ 我々の仕事はいいですね‼

その他の方へ どうですか建設業 ぜひ建設業の道へ・・・

学生の方へ  一度経験しませんか

次回は、どんな現場が待っているかな~  楽しみですね

それでは、皆さん お疲れ様でした。 ありがとうございました。

\ 早町漁港を丈夫にする工事をしています /~喜界高校生の職場体験も実施しました~

早町漁港漁港施設機能強化工事(R3-1工区)

こんにちは。広報の廣です。

早町漁港漁港施設機能強化工事(R3-1工区)/ 現場代理人 福村栄吉より現場のお知らせと職場体験学習のご報告です。

現在、株式会社峰山建設ではみなさんが漁港を安心安全でご利用いただけるように、早町漁港を丈夫にする工事を行っております。

■工事進捗率は11月末で80%の見込みです

 

【発注者】
鹿児島県大島支庁 喜界事務所建設係
【施工者】
株式会社 峰山建設
施工担当者 福村 栄吉

下記のとおり早町漁港内において港湾工事を行なっております。
工事区域付近を通行する車両、岸壁をご利用される方は、
何卒ご協力をお願い致します。

○工事概要
・岸壁(-7.5m)(改良)
エプロン舗装補修 993m2
(t=50㎝)
○工事期間
令和3年8月13日~令和3年12月17日 (127日間)
○工事区域 早町漁港
①施工箇所 岸壁(-7.5m)(改良) L=92.0m

○安全対策
・工事期間中は、安全巡視員を配置し、工事現場における
安全確保に努めます。
・作業中は作業区域には近づかないようご協力をお願い致します。
・交通管理については、交通に与える影響を最小限にするよう
努め、現場内のトラブル、交通事故の絶無を期します。
○環境対策
・海上への油流出には十分に注意し作業を行いますが、
万が一流出したときは、吸着マットや油処理液を使用し
対処します。
※使用の際は、漁協長の承諾を得てから使用します。

 

喜界高校生の職場体験

先日、喜界高校生の職場体験があり3名の生徒が早町漁港の現場にも参加いたしました。

 

ドローンでの上空からの撮影が始まるところです。

コンクリート打設に興味深々の喜界高校生。

実際にコテを使用し、コンクリートを均す作業を体験しました。また、クレーン車に同乗しオペレーターの操作も間近で見ました。

貴重な体験だったとの感想をいただき、私どもも喜んでおります。とてもまじめに頑張ってくれました!ありがとうございました。

また来年もぜひ喜界高校生の職場体験のご参加をお待ちしております。

 

工事完了までご迷惑をおかけいたしますが、引き続き、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

\ 与論島にて現場見学会を実施しました / ~よろんこどもえんのみなさんと~

こんにちは。広報の廣です。

与論島にて施工中の現場近況が届きましたので紹介します。

奄美地区水産環境整備工事(R3-2工区) 現場報告です。

 

DCP PHOTO地元業者さまの協力をいただきながら、弊社からクレーンオペレーター・小山誠、製作作業・南兼太が沖縄がすぐそこに見える与論島で頑張っています。

先日は、地元【よろんこどもえん】の園児たちが現場見学会に参加してくれました。

小山オペレーターの操作するクレーンを見学しながら

「すごい、すごい」、「くもまでとどきそう」と目をキラキラと輝かせていました。

運転席に座って天窓から空を見上げた園児は「くびがいたい」「かっこいい」と大喜び。

大きすぎて「こわい」なんて園児も・・・。

日頃の現場は、おじさんたちの図太い声ばかりですが

今日は、子供たちの笑顔と「かっこいい」の声にうれしくなる一日でした。

現在の進捗

ピラミッド型漁礁P200AWZスパイク

2基製作のうち1基目

こちらは徳之島の製品工場で製作してます。

FP漁礁3.30型

16個製作のうち5個完了してます。

今年中には、製作完了してクレーン共に

喜界島へ帰る予定です。

安全作業で頑張ります。 南 兼太

よろんこどもえんのおともだちが、おおきくなってもずっと、よろんじまののきれいなうみにたくさんのおさかなさんがしあわせにくらせますように…。

ミネックス ヤマサン牛舎 目指せ84点!!

4月15日の登録の日にむけて、

愛情いっぱいブラッシングをかけている栄田智志副場長、

牛さんも嬉しそうです^^

背筋もまっすぐ伸びて、病気のない牛さんです。

84点は欲しいと米田光弘場長より頂きました。

堆肥散布車を整備している濱川秀司さん。

誠実な感じが横顔に現れてますね!笑

血統は華春福、安福久、忠茂勝、安糸福と国内最高級になります。

競り値も離島は鹿児島本土に比べて平均10万円ほど安くなっていますので、

安くて質のいい牛をお求めの方はお勧めです。

喜界空港現場🛫 近況報告です。

滑走路舗装が4サイクルのうち2サイクルまで完了しました。

現在ショルダー緑地(滑走路の路肩)の芝張り作業中です。

人力で床均しをしながら芝を張り付けていきます。

👆

画面右は全面張り、中央から左は市松張り

👇

 

・・・豆知識・・・

🔝市松模様🔝

『市松模様』は、江戸以前は『石畳文様』とよばれていました

が、江戸時代の有名な歌舞伎役者が好んだ模様で、この役者の

名前(市松)から『市松模様』とよばれるようになったとか。

最近は、鬼滅の刃 炭次郎⚔の隊服で有名ですよね‼

 

 

今日のメニューは何かな❓❓

みんなが楽しみにしている夜食メニューです🍴

 

 

 

コロナに負けないよう、大盛ご飯を食べて頑張っていきましょう‼

 

 

いつも、おいしい夜食を提供していただいている

飲食店の皆様、ありがとうございます。

コロナ禍ではありますが、みんなで喜界島を盛り上げていきましょう!

 

 

・・・お食事中の方は、ごめんなさいm(__)m

最近は、仮設トイレ🚻といっても、すごい設備が整っているんです‼

軽トラックで移動🚚できるし、照明、換気、消臭はもちろん

✨衛生的✨で使い心地が良いんです♪

コロナ禍でも、安心して作業に取り組んでいけるよう環境を整えていきます。

 

👷工事部👷熟練技術者・技能者の紹介です。

ご存じですか? 三寒四温

2月から3月初めにつかう季語です。

日本で起こることは滅多にないらしいのですが

この時期になると、何となく肌に感じるような気がします。

毎年この時期になると、もうすぐ春🌸が来るという期待と、

年度末‼工期に追われて忙しい・・・と、感じてしまいますよね。

でも、「終わらない現場はない」って、先輩から教わりました。

春はもうそこまで来ています。 がんばりましょう。

 

さて、今回は農業土木について紹介します。

荒木中央、手久津久、伊坂地区と3件の

工事を進めています。

弊社の誇る熟練技術者が、「農業立島・喜界島」のため

工事を進めています。

今回は、概要と現場で活躍する技術者・技能者の紹介です。

 

荒木中央地区2-1工区   現場代理人/新田智文

道路 基盤・表土 沈砂池 排水路

整備を進めます。

バックホウ と ブルドーザ

大型機械で畑地を造成していきます。

オペレーター歴数十年(^^)! 小さな体で大きな機械を操縦する さん。

打ち合わせをする新田代理人

 

手久津久地区2-1工区   現場代理人/大山 学

畑地から集落へ農道を整備しています。

上層路盤の敷き込みが完了しました。路盤を仕上げて舗装打設で完成です。

大山代理人を中心に打ち合わせをする坂元さん  上地さん  山岡さん

皆さん 経験数十年のベテラン揃い‼

多くを語らずとも代理人の説明から推察し行動します。

もちろん共通認識は『安全✚第一』です‼

 

伊坂地区2-1工区   現場代理人/廣 良三

伊坂地区では、散水施設の更新を行っています。

サトウキビの灌水に、欠かせない給水栓を入れ替えました。

設置した給水栓の点検をする重信さん。

バックホウを操作する伊林さん。

給水栓の施工について打ち合わせをする新田さん廣代理人

 

 

喜界島のみならず、若手技術者の育成が急務と言われる中、

熟練技術者の方達に支えられています。

若い力と、熟練の経験を結集し頑張っていきましょう。

私たち建設業も、農業基盤を担っているという自覚を持って、

日々の作業に取り組んでいます。

技術者・技能者として、土木技術のみならず

農家の皆様の営農を支援できるよう考えながら作業を進めています。

工事期間中は、ご不便をお掛け致しておりますが、

ご理解、ご協力をお願いします。

次回は、工事完成の報告をしたいと思います。

 

 

~皆さん もうそこまで春が来てますよ~

忙しい中にも、気持ちに余裕を持って

春の陽気のように穏やかに、頑張っていきましょう☺

菜の花が咲き、サトウキビの刈り取りも進んでいます。

天気も良く、作業も順調に進んでいます。

 

 

喜界高校内 喜界支援教室 産業現場実習👨‍🌾(令和2年 6.15~.26)

九州から本州にかけて梅雨前線が上がっていますが、

喜界島も、梅雨の影響で雨が降ったり止んだりを繰り返しています☔

しかし、空も海も、夏色を見せることも多くなってきました😀

スギラビーチ 2020.6.27㈯

 

さて、喜界島には県立高校が一校あります。

鹿児島県立喜界高等学校➔喜界高校ホームページ

喜界高校内に喜界支援教室があります➔2016年 奄美新聞記事 喜界支援教室設置の要望

喜界島は「中高一貫校」という制度を採り入れています➔中高一貫校  Wikipediaより

喜界支援教室は当時の親御さんたちの強い思いがあり、県が動き設置された背景があります。

同じ中学校で学んだ特別な支援を必要とする我が子たちも同じように、ふるさと喜界島で、

中高一貫教育が受けられるようにしてほしいという思い・願いでもありました。

その喜界支援教室の2年生が産業現場実習に来てくれましたので紹介したいと思います。

 

喜界町・伊実久 阿丸養殖場

実習生は、坂野 珠暉(さかの じゅき)くんです。希望は養殖場🦐でした。

ただ、養殖場は稚エビ放流前の池を清掃し、秋からの出荷のための準備をする大切な時期🦐

写真のように海水が入っていない状態でひたすら、掃除し、海砂を整えている状況です🌊

それでも3日間は養殖場のスタッフと作業を頑張ってくれました👷‍♂️

坂野君は、養殖場の希望でしたが『生き物と関わりたい』という強い希望もあり

5日目から最終日までは、当グループの株式会社 ヤマサンのサン恵牧場にて実習🐮

主として生まれて間もない子牛に関わる業務を担当していただきました🐂

主として作業してくれたサン恵牧場の子牛舎

動物って、その人がどんな関りをしてくれるのか?分かっているようで

動物好きな坂野君にすっかり懐いていました😁

 

気づきも多く積極的に業務を見つけ取り組んでくれました。

牛舎最終日も、しっかり榮田(智)副場長へ挨拶して終了😉

牛舎での作業を終え、本社で反省会後にみんなで記念撮影📷

日に日にたくましく、精悍な顔つきになってくるのが分かるほど立派になりました😄

明るく楽しい学校生活を過ごし、社会に羽ばたいてください😉

地方や離島、へき地に共通する事として、若者や地域の人たちを受入れる社会がしっかり

しなくてはいけない。受け皿がなくてはいけないという点もあると思います🏝

豊かな地域を創造するという理念のもと、地域未来牽引企業としてもこれからの喜界島の

為になるような企業になれるよう取り組んで行きたいと思います。

寄付金に関しての心が温まる感謝状💌

こんにちは☀

緊急事態宣言の解除が大阪や京都、兵庫でも検討されているようです🗾

都会は特にでしょうが、日本全国各地で

みんなで耐えて、みんなが頑張った成果でしょうか🙄

離島ではありますが、我が喜界島も少なからず影響はありました😥

 

株式会社峰山建設

少しでも地域に出来ることはないか・・・と、グループ全体で考えて

経営理念や会社が求めている未来像…いろいろなことを鑑みて🤔

町内の飲食店への寄付という形を取らせていただきました🙂

※複数の新聞に記事も掲載されていますので記事・写真を添付致します。

2020.5月 鹿児島建設新聞記事

 

↓ 南海日日新聞社記事 電子版 ↓

http://www.nankainn.com/local/飲食店支援金を支給%E3%80%80%EF%BC%96%EF%BC%95店舗に一律%EF%BC%91%EF%BC%95万円%E3%80%80

↓ 喜界町ホームページ ↓

https://www.town.kikai.lg.jp/kirari/20200501-1.html

 

グループとしての強い意志として”できることを できるだけ”

というスタンスで取り組んだ結果ですが

たくさんの 温かい言葉・お手紙・お電話を頂きましたので

お手紙を紹介したいと思います🤗

十兵衛さま→http://kikaijimanavi.com/shukutawn/inshoku/izakaya/jyubei.shtml

 

奈々さま→http://kikaijimanavi.com/shukutawn/inshoku/izakaya/nana.shtml

喜久蔵さま→https://kikaijima.jp/takeout/kikuzo/

悠久の時を経て、続いている人の営みを簡単に終わらせるわけにはいきません。

喜界島は、さらに“悠久の結”の精神を持って、今がある島です🏝

経営理念でもある

◎ 豊かな地域創造を目指す

この行動の一つが、地域の皆さんの一助になればと思います😉

 

最後に喜界島の悠久の歴史で育まれた風景を添付いたします🤗

 

 

南海日日新聞に掲載されました📰 2020.4.19(日)

『コロナ対策に役立てて』

緊急事態宣言後も状況に大きな変化は見られず、我が喜界島にも

『もし、喜界島でコロナが発生したら・・・』というような会話も

聞こえ始め、喜界島の生活環境も飲食業などを中心に様々な人の生活へ

影響が見え隠れしてきました😔

もはや対岸の火事ではなく、向き合わなくてはならない状態です🤨

我が峰山建設グループは、”できることをできるだけ”の精神に基づき

経営理念にもあるように『豊かな地域創造をめざす。』を実践すべく

今回のコロナウイルスに関して、”できることをできるだけ”動き出します。

川島町長(左)と峰山社長(右)

4月14日、弊社の峰山奥恵喜社長が、喜界町役場を訪ね、「新型コロナウイルスへの感染

防止対策などに役立てて」と、川島健勇喜界町長に寄付を致しました。

川島町長から「とてもありがたい。有効に活用させていただく」と感謝の言葉を頂きました。

社長、弊社の想いは…

『創業から60余年、島の人たちと一緒に頑張ってきた。コロナの影響で飲食店などが

 影響を受けている。少しでも島の皆さんの役に立てばうれしい』

 

このことが、南海日日新聞に掲載されましたので紹介させていただきました。

詳しくは➔2020.4.19(日) 南海日日新聞記事

 

終息は、依然として不透明ではありますが、やれることをやる!守ることを守る!

今が、頑張り時だと思います。また、健康的で元気な日常を取り戻すために

“やれることをやれるだけ”やっていきましょう😉

 

 

追記

2020.4.25 鹿児島建設新聞にも掲載されました