喜界高校内 喜界支援教室 産業現場実習👨‍🌾(令和2年 6.15~.26)

九州から本州にかけて梅雨前線が上がっていますが、

喜界島も、梅雨の影響で雨が降ったり止んだりを繰り返しています☔

しかし、空も海も、夏色を見せることも多くなってきました😀

スギラビーチ 2020.6.27㈯

 

さて、喜界島には県立高校が一校あります。

鹿児島県立喜界高等学校➔喜界高校ホームページ

喜界高校内に喜界支援教室があります➔2016年 奄美新聞記事 喜界支援教室設置の要望

喜界島は「中高一貫校」という制度を採り入れています➔中高一貫校  Wikipediaより

喜界支援教室は当時の親御さんたちの強い思いがあり、県が動き設置された背景があります。

同じ中学校で学んだ特別な支援を必要とする我が子たちも同じように、ふるさと喜界島で、

中高一貫教育が受けられるようにしてほしいという思い・願いでもありました。

その喜界支援教室の2年生が産業現場実習に来てくれましたので紹介したいと思います。

 

喜界町・伊実久 阿丸養殖場

実習生は、坂野 珠暉(さかの じゅき)くんです。希望は養殖場🦐でした。

ただ、養殖場は稚エビ放流前の池を清掃し、秋からの出荷のための準備をする大切な時期🦐

写真のように海水が入っていない状態でひたすら、掃除し、海砂を整えている状況です🌊

それでも3日間は養殖場のスタッフと作業を頑張ってくれました👷‍♂️

坂野君は、養殖場の希望でしたが『生き物と関わりたい』という強い希望もあり

5日目から最終日までは、当グループの株式会社 ヤマサンのサン恵牧場にて実習🐮

主として生まれて間もない子牛に関わる業務を担当していただきました🐂

主として作業してくれたサン恵牧場の子牛舎

動物って、その人がどんな関りをしてくれるのか?分かっているようで

動物好きな坂野君にすっかり懐いていました😁

 

気づきも多く積極的に業務を見つけ取り組んでくれました。

牛舎最終日も、しっかり榮田(智)副場長へ挨拶して終了😉

牛舎での作業を終え、本社で反省会後にみんなで記念撮影📷

日に日にたくましく、精悍な顔つきになってくるのが分かるほど立派になりました😄

明るく楽しい学校生活を過ごし、社会に羽ばたいてください😉

地方や離島、へき地に共通する事として、若者や地域の人たちを受入れる社会がしっかり

しなくてはいけない。受け皿がなくてはいけないという点もあると思います🏝

豊かな地域を創造するという理念のもと、地域未来牽引企業としてもこれからの喜界島の

為になるような企業になれるよう取り組んで行きたいと思います。

寄付金に関しての心が温まる感謝状💌

こんにちは☀

緊急事態宣言の解除が大阪や京都、兵庫でも検討されているようです🗾

都会は特にでしょうが、日本全国各地で

みんなで耐えて、みんなが頑張った成果でしょうか🙄

離島ではありますが、我が喜界島も少なからず影響はありました😥

 

株式会社峰山建設

少しでも地域に出来ることはないか・・・と、グループ全体で考えて

経営理念や会社が求めている未来像…いろいろなことを鑑みて🤔

町内の飲食店への寄付という形を取らせていただきました🙂

※複数の新聞に記事も掲載されていますので記事・写真を添付致します。

2020.5月 鹿児島建設新聞記事

 

↓ 南海日日新聞社記事 電子版 ↓

http://www.nankainn.com/local/飲食店支援金を支給%E3%80%80%EF%BC%96%EF%BC%95店舗に一律%EF%BC%91%EF%BC%95万円%E3%80%80

↓ 喜界町ホームページ ↓

https://www.town.kikai.lg.jp/kirari/20200501-1.html

 

グループとしての強い意志として”できることを できるだけ”

というスタンスで取り組んだ結果ですが

たくさんの 温かい言葉・お手紙・お電話を頂きましたので

お手紙を紹介したいと思います🤗

十兵衛さま→http://kikaijimanavi.com/shukutawn/inshoku/izakaya/jyubei.shtml

 

奈々さま→http://kikaijimanavi.com/shukutawn/inshoku/izakaya/nana.shtml

喜久蔵さま→https://kikaijima.jp/takeout/kikuzo/

当然、グループとして見返りを求めて行動を起こしたわけではありません。

しかし、お手紙や電話を頂戴するたびに目頭が熱くなったことはウソではありません。

悠久の時を経て、続いている人の営みを簡単に終わらせるわけにはいきません。

喜界島は、さらに“悠久の結”の精神を持って、今がある島です🏝

経営理念でもある

◎ 豊かな地域創造を目指す

この行動の一つが、地域の皆さんの一助になればと思います😉

 

最後に喜界島の悠久の歴史で育まれた風景を添付いたします🤗

 

 

南海日日新聞に掲載されました📰 2020.4.19(日)

『コロナ対策に役立てて』

緊急事態宣言後も状況に大きな変化は見られず、我が喜界島にも

『もし、喜界島でコロナが発生したら・・・』というような会話も

聞こえ始め、喜界島の生活環境も飲食業などを中心に様々な人の生活へ

影響が見え隠れしてきました😔

もはや対岸の火事ではなく、向き合わなくてはならない状態です🤨

我が峰山建設グループは、”できることをできるだけ”の精神に基づき

経営理念にもあるように『豊かな地域創造をめざす。』を実践すべく

今回のコロナウイルスに関して、”できることをできるだけ”動き出します。

川島町長(左)と峰山社長(右)

4月14日、弊社の峰山奥恵喜社長が、喜界町役場を訪ね、「新型コロナウイルスへの感染

防止対策などに役立てて」と、川島健勇喜界町長に寄付を致しました。

川島町長から「とてもありがたい。有効に活用させていただく」と感謝の言葉を頂きました。

社長、弊社の想いは…

『創業から60余年、島の人たちと一緒に頑張ってきた。コロナの影響で飲食店などが

 影響を受けている。少しでも島の皆さんの役に立てばうれしい』

 

このことが、南海日日新聞に掲載されましたので紹介させていただきました。

詳しくは➔2020.4.19(日) 南海日日新聞記事

 

終息は、依然として不透明ではありますが、やれることをやる!守ることを守る!

今が、頑張り時だと思います。また、健康的で元気な日常を取り戻すために

“やれることをやれるだけ”やっていきましょう😉

 

 

追記

2020.4.25 鹿児島建設新聞にも掲載されました

令和2年度 峰山建設グループ入社式・新人研修 🌸 

 新年度になり、峰山建設グループでは、1名の新卒入社😀

4月2日(木)に入社式を行いました👨‍💼(コロナウイルス対策にて規模縮小にて開催)

 

 

町田優真くん 令和2年3月         入社式後、本社玄関前にて記念撮影

令和2年3月 喜界高校卒業

「今年度からお世話になります町田です。わからないことだらけなのでたくさん迷惑を

かけると思いますが、自分なりに頑張っていきたいのでよろしくご指導お願いします。」

 

入社式後は、2月にヤマサン牛舎へ入社した前田大志くんも交え新入職研修を3日間実施👨‍🏫

中島常務からのグループ内会社説明のあと、各部門長より部門紹介👷‍♂️👨‍💼👨‍🌾🏌️‍♂️

学生から社会人になるということ・・・

学生と社会人の違い、仕事に対して夢を持つこと・・・

会社とは、経営理念とは・・・伝えなくてはいけないこと、伝えたいことは

たくさんありますが、テーマをしぼり3日間の研修となりました🤗

昨日は、安倍総理大臣から緊急事態宣言も出されましたが、それでも時間は止まりません。

社会も会社も、人の歩みも止まりません。

いつかは、この新入職員の若い世代が引っ張っていく時代が必ず来ます😉

我が社も喜界島も少なくても入社してくれる人材、残ってくれた人材に恵まれ

まだまだ捨てたものではありません🤗

さぁ、令和2年度の始まりです🌅

新しい、若い人を育て人材に変えていくことも地域への、社会への恩返しと考えます🎌

 

 

ヤマサン サン恵牧場 ~黒毛和牛のホルスタイン?~

峰山建設グループ・ヤマサンのサン恵牧場

今日は、我が峰山建設グループのヤマサンについて紹介したいと思います。

株式会社 ヤマサンは、鹿児島黒牛の子牛の繁殖、飼育を行う畜産会社🐂です。

 

立派な黒毛和牛の母牛たちです。現在、母牛は約295頭います。

 

子牛はやや茶色で大きなかわいい瞳が印象的です。

さてさて、明後日の1月13日(月)にセリがあります。

(2ヶ月に1回、肥育農家が子牛購買目的で子牛の喜界町のセリ市に来ます。)

令和が明けて間もない7月に珍しい子牛が生まれ、今回のセリで出荷となりますので

ご紹介します🐮

🐄ジャーン🐄 ( ゚Д゚)

(;゚Д゚) ジャーン🐄 ( ゚Д゚)

まるでホルスタイン並みの体毛模様🐄

生まれたときは約28kg・・・今は、約230kgにまで成長しています。

サン恵牧場のマスコット牛でもあります🐄

いろいろな思いが交錯しますが、癒されることも多く感謝しています。

また、大きくなって、たくさんの人を癒し喜ばせてあげてくださいね。

説明はいらないと思いますが心から感謝し、これからの発展にも寄与してくれた牛さんたち                に合掌したいと、つけ加えさせてください。

2020 始動 ~仕事始め式・安全祈願祭~ 2020.1.4(土)

  新年、明けましておめでとうございます。

今年は東京オリンピック・パラリンピックも控え大きな年になりそうな感じです。

さて、我が峰山建設グループは、2020年を安全に安寧に過ごせ、素晴らしい年にするべく全部門・全職員が機材センターに集合し

仕事始め式・安全祈願祭を開催しました❕

 

8:00から宮司様による神事

 

厳かな雰囲気で粛々と進行しました⛩(祝詞奏上)

機材センター駐車場・アスファルトプラント・事務所、その他さまざまな場所へ

安全を祈願していただきました‼(敷地祓いの儀)

玉串奉奠は社長をはじめ各部門長など15名が実施

峰山 奥恵喜社長

峰山恵喜光専務 中島常務 榮相談役 廣事業統括室室長 若松財産管理室室長 生村建築部長 西村土木部長
長谷川総務部長 摸石油部所長 米田生産部門総括管理責任者 吉山養殖場長 藤原運送部所長
保田ゴルフ場長 福村工場長

神事が終了後には社長以下、各部門長による2020年の目標や取り組み、昨年の感謝やお礼など、それぞれの想いをスピーチしました。

  
・喜界町の皆さんを喜ばせることができるように取り組んで行こう
・安全、安心な環境で業務出来るようにしていきたい
・今年は、新入職員の他に技能実習生としてベトナムから4名の採用予定であり家族のように迎え入れてあげよう
・無事故、無災害に努めよう
・明るく笑顔で、健康第一に、病気は早期発見に努めましょう
・みんなのモチベーションがあがり活性化につながる職員旅行にしたい
・時には、お客様の相談相手になり、お客様を笑顔にすることを目標にします
・業務拡大に取り組み、奄美・鹿児島で1番になれるようにします
・他部署の協力を得て、昨年も無事に過ごすことができました。ありがとうございます

など、テーマは問わずのスピーチでしたが、今年に向けた気持ちは伝わりました。

今年一年、様々なことがあると思いますが、何事にも真摯に向き合い、取り組むことから

“できることをできるだけ”の精神で臨む覚悟でございます。

峰山建設・ミネックス・ヤマサン…峰山建設グループを今年もよろしくお願い致します。

新入職者研修(2019.12.20)   峰山建設グループ忘年会(2019.12.21)

早いもので、2019も残すところ、あと1週間…。

時期的に冬といえば、冬なんですが、そもそも喜界島は紅葉もしない地域にあります。

最高気温はほぼ20℃超え。ススキもこの通りです🌳

今年を締めくくるべく、今年の入職者対象で社内研修を行い、
翌日には、峰山グループ忘年会を実施しました🍻

☆ 新入職者研修 ~12.20(金)~

土木・プラント・機材センター・養殖場・(この写真には写っていませんが牛舎も1名)

研修目的・テーマ ~1~  自社・グループのことを熟知する 

 

研修目的・テーマ ~2~  自分も相手も、気持ちよく仕事ができるように

 

研修目的・テーマ ~3~  仕事における重要なこと 報連相

 

1時間ほどで、11の課題を学びました。本社スタッフがそれぞれの得意・専門分野で講師を務めました。

 

他の会社、業種を経験した6名ですが、新たな気持ちで、社会人としての基本に向き合う機会にもなり、これからもこのような研修を続けてほしいとの意見も出ました。また、2年目以上の職員からも参加したい、資料が欲しいとの声もありました。

 

🍻峰山建設グループ忘年会~12.21(土)~

喜界島を代表する宴会場・幸陽苑さまにて峰山建設グループ忘年会を行いました。

100名近い参加者があり、余興のダンスや恒例のビンゴゲームにて豪華賞品を楽しみつつ

すき焼き、寄せ鍋、キムチ鍋等に舌鼓を打ちました🍲

社長の挨拶(1年の回想含め)・乾杯にて開会❕

 

『かんぱ~い🍻』 今年1年間、お疲れ様でした~🥂

 

 

昨日、研修を行った新入職者も舞台にて自己紹介。

所属部署が違えば、初対面ということも稀ではなく、職員を紹介するには絶好の機会です☆

峰山建設グループ・ダンス部による余興

絶好調・三浦ダンス部長からダンス開始宣言!!

   

華麗なダンスを披露・横山   新人・幸得さん      部長を真ん中に💃

    

 

途中からは乱入者も現れるが、ビシッとまとまっている奇跡✫

 

専務の進行にて、恒例のビンゴゲーム開始・・・グループ特性にて景品には和牛・車エビ・燃料券などなど

 

豪華景品が懸かっているからか、真剣そのもの❣

『あちゃ~😵💦』

『1個しか空かん💦』

景品をもらいに来るときも福村さんはビールをはなさない

   

   

   

よく笑い、いい顔で過ごせることが今年の象徴でしょうか((´∀`*))

諸説あり、”忘年会”は、1年の苦労を忘れてるためという意味合いもあるようですが

今日、ここで感じたことや考えたことを実践していきたいという

“望年会”にもなったのではないでしょうか🌅

喜界高校 職場体験学習 【2019.12.3~12.6】

今回は、喜界高校商業科2年生の徹島 航くんが職場体験学習に来てくれましたので

紹介したいと思います。商業科2年生は、なんと生徒が12名しかいないとのこと・・・

その中で当社を選んで学習に来てくれました。

徹島くんのおじいさまが大工をされていたとのことで建築関係に興味があり

志望されたそうです。

当社の建築・上口常務のと共に現在、施工中である『喜界町ごみ焼却施設建設                     (クリーンセンター)』にて、1日学習していただきました。

我が峰山建設グループでは、様々な事業をしており他の職場体験も興味があるのか尋ねると

いろいろ体験したいとのことで、建築🏗→土木🚚→プラント🏭→車エビ養殖場🦐→牛舎🐄→給油所⛽の順番で、延べ4日間の学習をしていただきました

※ゴルフ場⛳は雨のため中止☔

 

洗車中🚘                  給油中⛽

   

早町港⚓にて、漁船への給油作業までお手伝い⛴

 

30年ほど前からすると児童数は約3割程度・・・

さみしい現状ではありますが、少しでも島にいる子供たちに

いろいろな職業を知ってもらい、いつか故郷である喜界島のために

なれるよう期待したいものです。

そのために少しでも、私たちが出来ることを考えていかなければなりません。

ちなみに、複数の職場を体験した徹島くんからは

『建築が一番 興味がありました』

と、感想をいただきました(* ´艸`)

夢を持ってるということは素晴らしい事です。

エコの日 ~令和元年.10.5(土)~

我が社では、平成20年より「エコの日」を定め地域の清掃を行っております。

今年で12年目❣ 毎月毎週第一土曜日の予定・実施です。

今回は本社近くの早町漁港周辺にて作業開始❕

 

普段は気が付かないけど、エコの日の目線で見ると、ここにも・・・あそこにも・・・😢

 

今回の企画者は、若松室長でした。本社スタッフ5名(男性2名 女性3名)での作業。

 

キレイな喜界島の海ですが、1時間ほどの作業でもゴミ(多くは漂流物)がこんなに‼😢

これからも、この貴重なイベントを継続し、自慢の海、自慢の島作りに

少しでも貢献できるよう取り組んでいきたいと思います。

湾港改修工事のお知らせ

大島支庁発注にて上記、湾港改修工事を受注・計画致しましたので工事期間のご案内です。

今後も毎月、工事の進捗状況をアップしていきますので、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い致します。

                                 峰山建設土木部