2月 2021アーカイブ

👷工事部👷熟練技術者・技能者の紹介です。

ご存じですか? 三寒四温

2月から3月初めにつかう季語です。

日本で起こることは滅多にないらしいのですが

この時期になると、何となく肌に感じるような気がします。

毎年この時期になると、もうすぐ春🌸が来るという期待と、

年度末‼工期に追われて忙しい・・・と、感じてしまいますよね。

でも、「終わらない現場はない」って、先輩から教わりました。

春はもうそこまで来ています。 がんばりましょう。

 

さて、今回は農業土木について紹介します。

荒木中央、手久津久、伊坂地区と3件の

工事を進めています。

弊社の誇る熟練技術者が、「農業立島・喜界島」のため

工事を進めています。

今回は、概要と現場で活躍する技術者・技能者の紹介です。

 

荒木中央地区2-1工区   現場代理人/新田智文

道路 基盤・表土 沈砂池 排水路

整備を進めます。

バックホウ と ブルドーザ

大型機械で畑地を造成していきます。

オペレーター歴数十年(^^)! 小さな体で大きな機械を操縦する さん。

打ち合わせをする新田代理人

 

手久津久地区2-1工区   現場代理人/大山 学

畑地から集落へ農道を整備しています。

上層路盤の敷き込みが完了しました。路盤を仕上げて舗装打設で完成です。

大山代理人を中心に打ち合わせをする坂元さん  上地さん  山岡さん

皆さん 経験数十年のベテラン揃い‼

多くを語らずとも代理人の説明から推察し行動します。

もちろん共通認識は『安全✚第一』です‼

 

伊坂地区2-1工区   現場代理人/廣 良三

伊坂地区では、散水施設の更新を行っています。

サトウキビの灌水に、欠かせない給水栓を入れ替えました。

設置した給水栓の点検をする重信さん。

バックホウを操作する伊林さん。

給水栓の施工について打ち合わせをする新田さん廣代理人

 

 

喜界島のみならず、若手技術者の育成が急務と言われる中、

熟練技術者の方達に支えられています。

若い力と、熟練の経験を結集し頑張っていきましょう。

私たち建設業も、農業基盤を担っているという自覚を持って、

日々の作業に取り組んでいます。

技術者・技能者として、土木技術のみならず

農家の皆様の営農を支援できるよう考えながら作業を進めています。

工事期間中は、ご不便をお掛け致しておりますが、

ご理解、ご協力をお願いします。

次回は、工事完成の報告をしたいと思います。

 

 

~皆さん もうそこまで春が来てますよ~

忙しい中にも、気持ちに余裕を持って

春の陽気のように穏やかに、頑張っていきましょう☺

菜の花が咲き、サトウキビの刈り取りも進んでいます。

天気も良く、作業も順調に進んでいます。

 

 

はじめに…

忙しさにかまけて、更新が…

いつの間にか桜の花が見ごろを迎える時期になりました。

喜界島は寒緋桜が満開です。

昨年より、なかなか記事の更新が進まず、弊社HPを楽しみにされている

方々より、「更新はまだか?」という苦情?待望?を頂いておりました。

気持ちを新たに、皆様に情報発信していきますので、閲覧お願いします。

さて、今回は3件の現場報告をさせていただきます。

工事により、道路迂回や施設の使用制限、工事用車両の夜間通行など

皆様にはご迷惑をお掛け致しております。

公共施設の機能性、利用性など、工事完成により施設の性能が向上する

ものとして、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

小野津1工区 現場報告をします。

 

喜界中学校の生徒が職場体験で、現場訪問しました。

林代理人が、

豪雨災害により、集落内に雨水が氾濫し

家屋に被害が出たことや、それを改善するための

工事概要を説明しました。

土木工事の目的や、技術者としての誇りを

これからの時代を担う生徒たちに直接話す

良い機会となりました。

これからの時代を担う生徒が

建設技術者を目指してくれたら良いですね‼   林 現場代理人

 

工事による周辺住民の生活影響への配慮、上水道の確認・切り替え

現場では、側溝敷設前に、埋設物調査を行い

構造物設置に影響がないか?

障害・影響がある場合は、事前に移設するなどの対策を実施しています。

 

現場内清掃

作業終了後は、現場周辺の清掃で完了となります。

特に、県道部は砕石が散乱し、自転車やバイクの転倒事故が発生

しないように注意しています。

 

湾港統合補助 現場報告です。

施工前に、港湾関係者と、施工方法・施工時期について協議して安全施工に努めています。

 

皆さんが利用しているフェリーの安全運行のために、

傷んだ箇所を優先的に岸壁の改修をしています。

 

安全管理

定期的に社内パトロールを実施します。

危険の芽を摘み取ることで、安全に作業を進めます。

 

コンクリート品質管理

コンクリートの品質は、構造物の出来ばえ、性能に大きく影響します。

コンクリートは、台風、波浪から生命・財産を守る大きな役目があります。

今年も空港舗装現場がスタート      しています。

AI vs 技術者の感覚??   特殊機械の切削機

コンピューター制御でミリ単位の施工が可能です。

が、オペレーターの技能が重要です。

 

 

乳剤散布

今年から更に高性能な乳剤が採用されています。舗装の付着が強力になっています。

 

アスファルト舗装

道路の舗装材料は13m/m砕石、空港の舗装材料は20m/m砕石を使用しています。

表層仕上げ後、2か月経過でグルービング溝切り開始です。

 

標識設置

空港内には、飛行機の安全運行にかかせない様々な標識(ペイント)があります。

翌朝の指定時間までに、標識の復旧まで終了しなければなりません。

1回の標識設置に2~3kmほど歩くことも・・・

ダイエットに最適です(笑)

 

平坦性試験  

表層の平坦性(凸凹)を試験機を使って測定します。

舗装面の仕上がりは、舗装マンの技術の見せ所!!

 

 

以上、現場報告でした(^^)/